探偵が駆け込む!なんでも相談寺

実際の経費の請求

調査料金などは、すでに一定の料金が決まっているような種類については、たとえば企業の信用調査などは一律料金でしょう。

 

そこにはとくに問題はありませんし、もし特別な調査をお願いするときはそれなりに割り増し料を払うことになりますが、それも前もって知らされることになるので問題ありません。

 

もし個別に、結婚調査や尾行調査をするにあたってはその調査項目や調査員の数、時間などがもちろん違いますし、依頼人の希望によって急いで調べる案件や、調査員が沢山必要が場合もありますね。

 

探偵事務所の浮気調査はもちろん料金はかかりますが確実です。

 

そうすると当然経費の方も、交通費から雑費、諸経費様々かかってくるので、かなりの経費を負担することになります。もし最初の見積もりをかなりオーバーしているようであったら、その内容についてしっかり確認するようにしてください。

 

見積もり外の内容について調査を依頼されるときは当然割り増し料が必要ですし、尾行などをしていて、ターゲットが予期せぬ行動、例えば高級クラブなどに出入りしたり、または飛行機移動をしたという場合は、見積もり以上の請求がくることがあります。

 

あらかじめ突発事項がおこることを想定して、その場合は、尾行を続けるのか、やめるのかについても話し合い、契約書などに記載しておくと経費の請求で揉める事が少ないでしょう。

 

着手金、そして支払いの期限など、お金のことについては最初にしっかり説明を受けておきましょう。それが探偵事務所も、依頼人双方にとってメリットがあるものです。

評判のよい事務所になるために

こうした秘密裏に行なわれがちな業務ですから、誰もが一見が多く、そう評判なんて関係ない、と思ってしまいがちですが、いまでは情報がすぐに拡散する時代です。

 

インターネットでの評判や口コミサイトはやらせ問題でもいま注目を浴びていますが、そうしたことが問題になるのは、そうした口コミにお金を払う業者がいるからであって、それだけ口コミなどのパワーは凄いということを知っているのでしょう。とくにこうした調査会社に関しては女性の依頼が多く、女性はお金に関しては細かいですし、調査内容にしてもいい加減さは許しませんから、一度悪い評判がたってしまと大変です。

 

もし執念深い人などにあたったらそれは致命的なことで、事務所への嫌がらせなどもしてくる可能性があります。もともと嫌がらせなどを調査する仕事なのに、そうしたストーカーなどに付けねらわれる可能性も同時にもっていることはかなり恐ろしいことです。

 

また誇大妄想や被害妄想によってパートナーを疑ったり、いくら身の潔白を証明してあげても信じない依頼者もいて、そうなると探偵事務所というよりは精神科に行ってもらう他なくなってしまいます。

 

誠実に対応し、地道な努力が必要な仕事ですが、ときにはこうした危ない案件にも当たる危険があり、そうした悪い情報を流しそうな、事実無根の悪意などにも気を付けないといけません。

 

探偵事務所も信用が大事です。特に人の秘密を扱う仕事は、情報漏れなどの致命的ミスは避けなければいけません。